徳川家康・徳川頼宣・お万の方

のお位牌を修復いたしました!

その他多くの歴史的人物のお位牌・厨子を修復及び新調いたしました!

大野山本遠寺様

お万の方・徳川家康・徳川頼宣 他多数
位牌及び厨子修復及び新調

日蓮宗 本山

当店が選ばれている3つの理由

1
お仏壇購入後のアフターサービス

新川崎雲山堂では、お仏壇を納品してからが本当のお付き合いの始まりだと考えております。

アフターサービスの一環と致しまして、仏壇の無料クリーニングをさせて頂いております。

毎日のようにお礼状を頂いたり、展示場まで直接来られてお礼を言われる方が、後を絶ちません。

そのような、お客様からのお礼の言葉が我々の仕事の励みとなっております。

このページでは、お客様より頂いたお礼状の一部をご紹介させて頂きます。

鎌倉市 田代様の声

クリーニングと点検が終わり、
皆さんと一緒に記念撮影をさせて頂きました。


仏具の並べ方や、お線香を立てる灰についてなど、いろいろと分からないことがあったそうで、ご説明させて頂きました。


川崎市 岸様の声

仏壇のクリーニング及び点検サービスに伺いました。

お掃除をしながら、お客様と色々とお話ししていたら、
「昨日、友達と集まったんだけど、そのときに
明日仏壇屋さんがサービスで掃除にきてくれるのよ!って
自慢しちゃったわ。」とのこと。
自慢するほど、喜んで頂けて、私もとっても嬉しいです。

お掃除が終わり確認して頂くと、
「ピカピカ光ってるわ!」と喜んで頂けました。


ありがとうございました。

川崎市中区 東様の声

昨年仏壇を購入して頂いたお客様のところへ
アフタークリーニングサービスに伺ってきました。

とてもキレイお使い頂いていて、
嬉しく思いながらお掃除致しました。

お掃除が終わり、キレイになった仏壇を見て、とても喜んで頂けました。

ありがとうございます!

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

2
マンションなど限られたスペースに
ぴったりの仏壇が豊富

家族が集うリビングに於いてもおしゃれな仏壇や仏壇の扉を開けたときに、扉が邪魔にならないよう工夫されている仏壇など、さまざまなタイプの仏壇を取り揃えております。

また当店には二級建築士の有資格者がいるというユニークな特徴を活かし、お部屋と仏壇と生活の3つの調和を考えて、「人の動き」「明暗」「色彩」などいろいろな角度からアドバイスすることが出来ます。

川崎市幸区 K.D様

Q 購入する前どんなことで悩んでいましたか?
A 大きい物だと値段が高いか?

Q 何が決めてとなって購入しましたか?
A 親切さ

Q 実際にお部屋に置いてみて、いかがですか?
A 大変満足しました。

横浜市鶴見区 I.A様

Q 購入する前どんなことで悩んでいましたか?
A 現在ある仏壇が大きく色合いが、いまの家に合っていなかった事

Q 何が決めてとなって購入しましたか?
A 親切丁寧に対応していただけそうなのでお願いしました。

Q 実際にお部屋に置いてみて、いかがですか?
A 置くまでは、部屋に合うか不安でしたが、実際置いてみて思った以上に満足しています。

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

3
三代目仏事コーディネーターによる
オーダーメイド仏壇

事例1:川崎市Fさん

Fさんのお宅は、初めてお伺いしたときは新築の施工が始まったばかりで、図面を見ながらの打ち合わせでした。

仏壇を安置するお部屋の図面をもとにフローリングの部屋で、作り付け家具が入り、その一部を仏壇空間としたい、などのお話を伺いました。こちらの用意したさまざまな仏壇の資料を見ながらデザインを考え、お部屋の雰囲気をイメージしながら、材質などの候補を吟味していきます。このお話合いの時点で、図面に入っている仏壇スペースの扉は、仏壇の扉と重なり邪魔になるので付けないことにすることと、部屋にお線香の煙が回らにようにしたいとのご希望でしたので、仏壇スペースの天井部に小さな換気扇の設置を、工務店へ伝えました。
設置するお部屋とお客様のイメージから、Fさんのお宅の「プレミアム・オーダーメイド仏壇」の図面が完成。

この仏壇の特徴的な部分は、
「換気のために天井部空気が抜けるようにしながら、格天井を見せること」
「障子を開けたときに、障子を見せる形と、障子を隠す形の両方が出来るようにする仕掛け」です。
また、当初は図面のように、換気扇の電気のスイッチを仏壇内の照明スイッチの隣に設ける予定でしたが、どっちがどっちのスイッチか分かりづらく、不便ではないかということで、仏壇内部の別の場所にすることに致しました。

打ち合わせの後、注文となり、製作作業に移りました。
工務店との打ち合わせで換気扇の件や、寸法を正確に決めます。
色彩は作り付け家具と合わせることになり、家具の色見本をお預りし、家具の色に出来るだけ近い色を、仏壇に使用する材料に再現した、「お客様だけのための色見本」を作成します。
工務店の作業が進み、現場の実際の寸法が図れるようになったところで、当店独自の採寸方法により、しっかりと採寸し、いよいよ本格的な木地造りへと進めて行き、熟練の職人達が3ヶ月間、技と心を込めて製作いたしました。

そして完成した仏壇を、お届け設置いたします。

隙間がない完璧な寸法で納まったことはもちろん、見えないところに、換気や扉の仕掛けなどのご希望に添うための工夫があり、特に色彩が、周りの工務店が作った収納家具としっかりと合っていて、まさに「プレミアム・オーダーメイド仏壇」ならではの仕上がりです。

設置が終わりFさんに確認して頂くと「ここまで、理想的な仏壇ができるとは!!」という驚きと喜びの言葉を頂きました。

事例2:秦野市Mさん

Mさんのお宅に始めて伺ったときは、建設途中の現場で、設計士の方を始め、Mさんご家族、工務店の方を交えての打ち合わせとなりました。

図面と現場を見ながら、Mさんが全幅の信頼を寄せる設計士の方のイメージを中心に、どのような仏壇を造るかを話し合い、デザイン、材料、色彩の方向性を決めました。

設置するお部屋と設計士さんとお客様のイメージから、Fさんのお宅の「プレミアム・オーダーメイド仏壇」の図面が完成。

幅が広く取れるので障子は六枚引き戸、全体のデザインは伝統的な志輪型、障子や内部の段はMさんのイメージに合わせて彫り物を控えながら重厚感を出し、しっかりとした欄間と宮殿が付いたデザインです。

Mさんも設計士さんもイメージに合っていて良いとのことでご注文となり、製作作業に移りました。
色彩を迷われていて、まずは当初の見積りの通りの紫檀で色見本を作り見て頂きました。

やはり、どうもイメージと合わないとのことで、色々と話し合った結果本ケヤキ材へ変更となりました。
その後本ケヤキ材の塗装のイメージを決めて、再度「お客様だけのための色見本」を作成します。

写真では分かりづらいのですが、実際に見るとそれぞれ風合いが異なります。
現物の色見本を見ながら吟味し、お仏壇の色彩が決定しました。

工務店の作業が進み、現場の実際の寸法が図れるようになったところでお伺いし、
当店独自の採寸方法により、しっかりと採寸します。
また、お祀りする位牌などを採寸し、内部の細かな寸法を決めます。

細かいところまで寸法がしっかりと決まり、いよいよ本格的な製作へ。
熟練の職人達が4ヶ月間、技と心を込めて製作いたしました。

そして、完成した仏壇を、お届け設置いたします。

隙間がない完璧な寸法で納まったことはもちろん、
お客様のイメージ通りの色彩と風合い、そして彫り物を控えながら重厚感を、というイメージをしっかりと具現化した、まさに「プレミアム・オーダーメイド仏壇」ならではの仕上がりです。
設置が終わりMさんに確認して頂きました。

「いや~、本当に素晴らしい仏壇屋さんに出会えてよかったわ。」と言って頂きました。
こちらこそ、素晴らしい仕事をさせて頂き本当にありがとうございました!

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

店主からのご挨拶

二代目店主 青地直樹

小さな頃は、祖父のお店をチョロチョロしたり、父に付いていった先のお寺さんの中を駆け回ったり、“ほとけさま”や“お仏壇”に囲まれていることが普通のことで、特に意識したこともありませんでした。

そんなある日のこと祖母から
『私達はね 人様が手を合わせるものを扱ってるんだよ』
と言われました。 急に、自分の身近にあった品物達が大きく見えて、背筋がぴんと伸び、なんだか胸が熱くなったのを今も覚えています。
そして、今はそんな仕事をさせて頂いていることに感謝しております。

中学生の頃から力仕事や現場の追回しとして仕事を手伝いお客様と接するなかで、仏様に手を合わせる心、かけがえのない人に対する思い、ご先祖様へのつながりの意識と感謝、ご家庭にお仏壇があることの大切さ家族のきずなや親族とのつながりの大きさなど、本当に沢山のことをお客様から教えて頂き、また大事なことに気づかせて頂きました。

大学に進み、もともと興味のあった建築学科で主にデザイン設計を学びました。
他の工学にはない建築ならではの特徴「人の動きを考える」ということを中心に、空気の動き、色彩、明るさなどさまざまなものを通して、建築が如何に人に影響を与えるのかを学び、卒業製作のテーマは「建築が生み出す人の動きとコミュニケーション」でした。
そして、卒業後に仕事をしながら夜間の専門学校に通い、「2級建築士」を取得しました。

今でもお客様のお宅に伺うと、真っ先に「そこで暮らす人がどのように動くのか」を想像し、仏壇と生活が交わりながら、より良い暮らしをして頂けるように、お仏壇選びの相談に乗っております。

また、お客様とお話ししていると、さまざまな仏事に関する質問をされます。
より知識を深め、さらにお客様の役に立てるようになるために、平成17年に「仏事コーディネーター」の資格を取得しました。

お客様が最高の仏壇に出逢い、暮らしに豊かさと安らぎの灯をともすために、私がこれまで培った仏壇店としての経験と、2級建築士としての知恵と、仏事コーディネーターとしての知識を、存分に利用していただければ、とても嬉しく思います。

青地直樹

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ