なぜ仏壇にローソクを供えるの? 川崎の仏壇店

川崎 オリジナル仏壇店【新川崎雲山堂】TOP三代目のブログ > なぜ仏壇にローソクを供えるの? 川崎の仏壇店

なぜ仏壇にローソクを供えるの? 川崎の仏壇店

gatag-00004360

ローソクは西洋ではキャンドルと言います。

葬儀の法要にロウソクが欠かせないのはもちろん、

結婚披露宴でも、キャンドル・サービスというのがありますし、

誕生日のお祝いでも、ケーキにローソクを立てます。

このように、お祝いからお悔みまでさまざまな場面で、

私達はローソク(キャンドル)に出逢います。

 

神仏に供えるローソクを「灯明」といいます。

仏教では、光は、ほとけ様の智慧や慈悲の象徴です。

逆に、全ての迷いや煩悩の根源のことを「無明」といいます。

「無明」とは、明るく無いこと、

これは真理に暗いことの意味で、

つまり、「悟り」の対極にあって、

人々の苦しみの 根本原因のこと、

それが「無明」です。

そして、この無明を滅することが出来るものが

智慧の光ということです。

暗黒の闇が、「灯明」の光によって解消されるように、

ほとけ様の知恵が、人々の無明を照らし救済する。

そのような意味から、

ほとけ様に「灯明(ローソク)」を供えます。

 

そして仏教以外にも、

神道・儒教・ヒンズー教・ ユダヤ教・

キリスト教・イスラム教など

さまざまな宗教の儀式において、

ローソクは重要な役割を果たします。

このように、世界中のほとんどの宗教において、

ローソクの明りの下で敬虔な祈りを捧げます。

 

ローソクの炎の、

あの何とも言えない揺らめきが

私達の心に、不思議な心地よさを

もたらすということは

万国共通のようですね。

お気軽にお問い合わせください お気軽にお問い合わせください